いくつになっても Good Job!

何歳になっても、好奇心旺盛、ポジティブ指向でGood Jobを目指していきたい!



「海の日」って、何の日?

f:id:ogihara0308:20170713003831p:plain

 

暑い。

会社行きたくない。

休みたい。

ああ、早く週末にならないかなあ。

今週末は、月曜日が「海の日」とかで休みだから、三連休だ!

やったぜー!

久しぶりの連休だぜー!

 

以上、皆さんの心の叫びを代弁してみましたが、「海の日」

いつの頃からか突然休みになった「海の日」

 

皆さんは、「海の日」って何で休みなのか、知ってますか?

夏だから、皆で海に行きましょう!なんて日じゃないですよ!

 

それでは、ご説明しましょう!

 

7月の第三月曜日は、「海の日」という国民の祝日です。

元々は、7月20日の「海の記念日」に由来します。

 

明治9年、明治天皇が東北地方を御巡幸されたのですが、その帰りの手段として「明治丸」という船に乗船し、横浜港に無事にご帰還されたのが7月20日だったのです。

当時、天皇の御巡幸の際に船を使う場合は常に軍艦だったのですが、この時初めて天皇は軍艦以外の船に乗られたのでした。

道中、天候は悪く、海もかなり荒れたようなのですが、船酔いの乗員が続出する中で、天皇は終始毅然とした態度でおられたそうです。

この天皇のご様子が日本の船舶の安全性を象徴する形となり、これを機会に、日本の海運業は益々の発展を見せ、海洋国家としての日本の隆盛のきっかけとなる非常に歴史的意義のある出来事だったのでした。

そのような経緯により、昭和16年に、この日が「海の記念日」として制定されました。

 

その後、海運関係者の方達により、この日を国民の祝日にしようという運動が大きくなり、何よりも明治天皇に由来する歴史的意義のある日という事から、平成7年の法改正により「海の日」として国民の祝日に制定されたのです。

その趣旨は、「海の恩恵に感謝し、海洋国家日本の繁栄を願う」というものです。

 

現在の7月第三月曜日になったのは、平成13年の祝日法の改訂(いわゆるハッピーマンデー法)によるものです。

 

 まあ、ハッピーマンデーがいいか悪いかは置いておいて、「海の日」というのは、このようなちゃんとした由来があったんですね。

 海に囲まれた島国ニッポンですから、この日くらいは海に対しての感謝の気持ちを持って過ごすのも、いいかも知れませんね。

 

 

海は広いな大きいな 月は昇るし陽は沈む

海は大波青い波 揺れてどこまで続くやら

海にお舟を浮かばせて 行ってみたいな余所の国

・・・