おとぼけシステムエンジニアの日々雑感メモ

システム・エンジニアです。徒然なるままに、日々の雑感をとりとめもなく、書き綴っていきたいと。

「打ち水」でエコに優しく涼しい夏を! 打ち水効果で温度が2度も下がるんだって!

f:id:ogihara0308:20170811023938p:plain

 

暑い夏ー。

クーラーをガンガンに効かせて涼しく過ごすのもいいのですが、もう少しエコに優しい夏の過ごし方をしてみませんか?

 

打ち水。

打ち水は、江戸時代から庶民の間で行われていた夏の風物詩。

その名のとおり、地面に「水を打つ」ことを言います。

地面に撒いた水が蒸発する時に地面の熱を奪い、周辺の空気を冷やす効果があります。

 

打ち水の効果

 

実際に打ち水を行って気温の変化を観測したところ、約2度ほど気温が下がったことが報告されています。

 

その時の記事はコチラ。

↓↓↓

【-2℃】記録的猛暑だからこそ知りたい、「打ち水」の科学的効果:中村昭典の気ままな数値解析:オルタナティブ・ブログ

 

打ち水は見た目にも涼し気ですが、物理的にも気温が下がることが実証されていますので、ぜひ実践してみてほしいです。

ただし、打ち水に効果的な時刻、効果的な場所というものがありますので、こちらも読んでみてくださいね。

 

打ち水が効果的な時刻

 

普通に考えると、日中、地面が最も熱くなっている時が良さそうですが、実はそれでは逆効果!

日差しが強い昼間に水を撒いても一瞬で蒸発してしまい、その効果はありません。

逆に、湿度が上がって余計に不快になる恐れがあります。

 

効果的なのは、午前中のまだ涼しいうちの打ち水です。

陽が徐々に高くなるのに従って、水が少しずつ蒸発していくので、効果が長時間継続します。

 

また、太陽が傾きかけた夕方の打ち水も効果的です。

夕方の打ち水は、気化熱を奪っていったん地面の温度が下がると、それ以降太陽によって熱せられることがないので、気温が下がった状態が維持されて涼しさが持続します。

これでそよ風でも吹いてくれれば、寝苦しい夜も快適に過ごすことができるでしょう。

 

打ち水が効果的な場所

 

打ち水に最適な時刻であれば、どこに撒いてもいいという訳ではありません。

熱せられた場所に撒くのは、一気に湿度が上がるのでやめましょう。

打ち水に適した場所は、「日陰」なのです。

風通しの良い日陰に広範囲に撒くようにするのが、打ち水の効果を持続させる最も良いやり方と言えます。

 

さらに打ち水の効果を上げる水の撒き方があります。

それは、庭や街路の植栽への打ち水です。

植物は自分の体を守るために、水分の蒸散をコントロールして自分の体温を下げる仕組みを持っています。また、葉の陰になっている空間の温度は葉の表面の温度よりもさらに低くなるため、そこで冷やされた空気が風で拡散することにより、植物周辺の温度はさらに低下します。

従って、路面に直接水を打つよりも、植物を植えて打ち水をするほうがより効果が持続し、効率のよい気温降下が期待できると言えます。

 

マンションやアパートでは、大きな窓があるベランダへの打ち水が効果的です。

すだれをかけてベランダへの直射日光を遮るようにしてから打ち水を行えばより効果的ですね。

諸事情によりベランダに水が撒けない場合には、バケツに水を汲んでベランダの窓際に置いておくだけでも、打ち水と同じような効果が得られるので、おススメです。

 

まとめ

 

打ち水に効果、ご理解いただけましたでしょうか。

クーラーを点けるにしても、打ち水で周辺の温度を下げておけば、少しの冷却で済みますので、電気代の節約にもなります。そのような併用もアリですよね。

 

打ち水で、エコに優しく、涼しい夏を過ごしてみませんか。

 

「打ち水にRainbow」by ザ・スクェア