おとぼけシステムエンジニアの日々雑感メモ

システム・エンジニアです。徒然なるままに、日々の雑感をとりとめもなく、書き綴っていきたいと。

石原さとみのプロ意識の高さ、身体能力の高さに驚かされた! 《サントリードリームマッチ始球式》

 f:id:ogihara0308:20170813113219p:image

 

サントリードリームマッチは1995年から開催されているイベントで、野球ファンが毎年楽しみにしている「夢の球宴」です。

今年も8月7日に東京ドームで開催されたのですが、その始球式に女優の石原さとみさんが登場しました。

 

マウンドの土を丁寧に足でならし、軽くストレッチをして、くまもんからボールを受け取り、綺麗なワインドアップで振りかぶった次の瞬間、石原さとみさんの上体はグッと地面スレスレまで沈み込みます。

 

こ、これは!

「サブマリン投法」!

 

ボールのリリース時にはちょっと上体が起きてしまってサイドスローっぽくなってしまいましたが、意図していたのは、まぎれもなくサブマリン投法でした。

 

放たれたボールは少し一塁側にそれて、ワンバウンドでキャッチャーのミットに収まりましたが、距離は十分でした。ボールがそれなければ、ノーバウンドでキャッチャーまで届いていたことでしょう。

 

 

youtu.be

 

 

石原さとみさんは、2014年から4年連続でサントリードリームマッチの始球式を務めています。

 

初めて始球式を行った2014年は、仕事で右腕を痛めてしまったということで、左腕からの投球で、残念ながらボールもキャッチャーまで届かず・・・。

 

youtu.be

 

リベンジのかかった2015年。

マウンドで大きく振りかぶった後、石原さとみさんの左足は高々と上げられ、ピタッと静止!

 

こ、これは、

「マサカリ投法」!

 

ボールは綺麗な放物線を描いて、ノーバウンドでキャッチャーミットに吸い込まれました。

 

 

youtu.be

 

 

いや、見事な投球フォーム!

第一線で活躍している女優さんが、ふつう始球式でマサカリ投法やります?

お父さんが村田兆次氏のファンだったので、やろうと思ったとか。練習の時には、実際にご本人に投げ方を伝授してもらったということで、本家本元直伝のマサカリ投法だったんですね。

 

それにしても、石原さとみさんの身体能力の高さ!

多くの女優さんやアイドルが始球式に登場しますが、ホームベースに届くか届かないか、というレベルの争いの中で、マサカリ投法という特異な投法で、余裕でキャッチャーミットに届かせることのできる運動能力は素晴らしいですね。

しかも、そのマサカリ投法が、左足を上げて静止している間も体がブレルことなく、実に美しいフォーム!

驚きでしたね!

 

そして2016年。

石原さとみさんは三度(みたび)サントリードリームマッチの始球式のマウンドに立ちました。

 

ボールを受け取ると、丁寧にマウンドの土を足でならし、ひとつ深呼吸。大きく振りかぶると、クルッと後ろを振り向いて、バッターに背中を向けて・・・。

 

こ、これは!

「トルネード投法」!

 

前に振り向く体の回転の力が加わったボールは、再び綺麗な放物線を描いてキャッチャーミットへ!

 

 

youtu.be

 

2015年のマサカリ投法にも驚きましたが、まさかトルネードまでやってくるとは!

やはりお父さんが野茂英雄氏のファンだったから、という選択の理由らしいのですが、その投球フォームがまた実に美しい!

大人の男性でも、一度後ろを向いてから振り返って前に投げるなんて事したら、ボールは真っすぐに投げるのは至難の技です。右か左にそれてしまうでしょう。

ところが、石原さとみさんの投げたボールは、左右のコースだけならストライク投球。

どれだけバランス感覚がいいのでしょう。

 

今年披露したサブマリン投法ですが、2015年のマサカリ投法、2016年のトルネード投法と来て、さあ今年はどうしようということで、いろいろなピッチャーの投球フォームを研究する中で、山田久志氏や渡辺俊介氏の「サブマリン投法」に魅せられての選択だったようです。

ここまで書いてきましたように、まずは石原さとみさんの身体能力の高さに驚きですね。もちろん、プロの方の指導を受けて、かなり練習も積んでいるんだとは思いますが、特異な投球フォームをきちっと体に覚えこませることができて、なおかつボールをキャッチャーに届かせるという運動能力は素晴らしいと思います。

 

同時に、やるからには中途半端な姿は球場に詰めかけた多くの野球ファンの方には見せられない、やるからには自分でも満足のいく投球を見せたい、という、プロ意識の高さがハンパないですね。

いろんな投法にチャレンジするというのは、もしかしたら周りのスタッフの発案なのかもしれないですが、スタートがどこにあるにしても、それを自分の仕事と受け止めて、たとえ始球式でも手を抜くことなく最高のパフォーマンスを見せるんだ、というプロ意識

本当に素晴らしいですね。感動すらしてしまいます。

 

次はどんな投球フォームを見せてくれるのでしょうか。

来年のサントリードリームマッチが楽しみですね。

 

石原さとみさんの今後の活躍にも期待したいと思います!