いくつになっても Good Job!

何歳になっても、好奇心旺盛、ポジティブ指向でGood Jobを目指していきたい!

崎陽軒のシウマイにまつわる怖~い話!

 

はじめに

 

横浜市民のソウル・フードと言えば、崎陽軒のシウマイですね!

「シュウマイ」ではなくて「シウマイ」というのは、初代社長が栃木県出身で、訛って「シュウマイ」と言えずに「シーマイ」と言っていたものが、「シウマイ」になったそうです。

私は学生の頃、横浜市民だったのですが、地方の友人に会うたびに、「シウマイ買ってきてくれ!」とよく言われたものです。

 

商品のラインナップもいろいろとあるのですが、やはり一番は基本のシウマイですね。1928年の発売以来、不動の人気を誇っています。

15個入りは税込620円です。

f:id:ogihara0308:20170826023724p:plain

それから、旅のお供に欠かせないのが、シウマイ弁当。1954年に発売が開始されてから、どれだけ多くの旅行者の胃袋を満たしてきたことか。

シウマイの他にもおかずがギッシリ詰まって、これで税込830円!

お得感ありますねー。

f:id:ogihara0308:20170826023740p:plain

 

さて、崎陽軒のシウマイには、とても怖い話が語り継がれています。

有名な話なので、知ってる方も多いのではないでしょうか。

ちょっとその話をご紹介しましょう。

 

※語り継がれているものなので、バージョンの違いがいろいろと存在します。

 

くれぐれも、夜中に一人で読まないでくださいね。

あまりのくだらなさ怖さに叫ばないようにご注意ください。

 

シウマイにまつわる怖~い話

 

僕は横浜市の某町で家族と一緒に暮らしている。
ある休みの日の朝、一本の電話がかかってきた。
電話に出た母が言った。
「田舎のお爺ちゃんが亡くなったんだって。今から皆で行くから、支度してね。」
僕たち家族は準備もそこそこに家を出た。


・・・


途中、横浜駅でお昼ご飯を買った。
おにぎりと、僕の好きな崎陽軒のシウマイだ。
「お爺ちゃんも好きだったわね。買っていってあげましょう。」
と、母は一つ多く買っていた。


・・・


電車の中で父が、
「そろそろお昼にするか。」
と言って、皆買っておいたお昼ご飯を食べることにした。

 

僕はシウマイの包みをほどいて、フタを開けた。

 

あれ?

 

15個入りなのに、数えてみると、14個しかない。


おかしいなあ・・・。

 

 

いったんフタを閉めて、まわりを確認した後、もう一回開けてみた。

 

あれあれ?

 

数えてみると、今度は12個しかない!

 

僕は怖くなってきた。
シウマイはどこに行っちゃったんだ!

 

 


・・・

 

 

 

よく見ると、フタの裏にくっついていた。

 


「な〜んだ。」
僕は安心してシウマイを食べた。


・・・


斎場に着くと、親類はまだ誰も来ていなかった。
僕は、お爺ちゃんが好きだったシウマイをお供えして、お線香をあげた。

「お爺ちゃんに最後のお別れをしましょうね。」

そう言って母がお棺の蓋を開けると、

 


あれ!

お爺ちゃんがいない!

 

 

今度こそ、本当に僕は怖くなった。
お爺ちゃん、どこに行っちゃったんだ!

 

 

 

・・・

 

 

 

よく見ると、蓋の裏にくっついていた。