いくつになっても Good Job!

何歳になっても、好奇心旺盛、ポジティブ指向でGood Jobを目指していきたい!

人はどうしてタンスに足の小指をぶつけてしまうのだろう。

f:id:ogihara0308:20170909014112p:plain

 

はじめに

 

皆さんも経験ありますよね!

家の中で、タンスやテーブルの脚に足の小指をぶつけてしまったこと。

すっごい痛いんですよね!

「いてぇーーーーーーーーーーーーーーーーー!」

と叫んじゃうくらい。

 

それにしても、何でぶつけちゃうんでしょうね。

「あと1cmずれていれば、ぶつからなかったのに・・・!」

 

こんな時、

 

「私って、おっちょこちょいだからなー。」

「油断したなー。」

「ちょっと急いでたからなー。」

 

などと思っていませんか?

 

いえいえ、違いますよ。

足の小指をぶつけてしまうのは、「脳」がいけないんです!

 

「脳」がいけないって、どういうこと?

 

足の小指をぶつけてしまうのは、脳が足の小指の位置を正しく認識していないからなんです。

 

人間にはもともと「固有感覚」というものが備わっています。

これは、目で見なくても、体の様々な部分の位置や動き、関節の曲がり具合、筋肉への力の入れ具合などを感じ取る力です。

足の小指をぶつけてしまうのは、足の小指に対する「固有感覚」が鈍っているからなんです。

 

どうして「固有感覚」が鈍ってしまうの?

 

もともと、足は脳から非常に遠いところにあるということ、そして足の指を積極的に使う機会がないことなどから、足の指は感覚的に認識しにくいものなのです。

試しに、裸足になって、目をつぶって、足の小指を触ってみてください。

なかなか難しいでしょう?

 

または、誰かに裸足になって目をつぶってもらってください。そして、その人の足のひとさし指をさわって、「どの指をさわってる?」と聞いてみてください。

ほとんどの人が、「中指」と答えるらしいですよ。

 

それほど、足の指というのは、脳が認識しにくい存在なのです。

 

それに輪をかけているのが、「靴下」「靴」の習慣化です。

靴下や靴で足の指(特に小指)をギュッと押さえつけることによって、より一層、脳が足の指を認識しずらくなっているのです。

 

足の小指がぶつからないようにするには?

 

足の指に対する「固有感覚」を鍛えてあげればいいのです。

やり方は簡単です。

お風呂に入った時などに、足の指を1本ずつ指でつまんで、マッサージをするように、引っ張ったり、揉んだり、ギュッギュッと握ったりしてあげましょう。

脳に、足の指の存在をしっかりと認識させてあげるのです。

これを続ければ、もう足の小指をぶつけることはなくなるでしょう!

 

ぶつけちゃった時は?

 

ぶつけた足の小指の状態はちゃんと確認しておきましょう。

お医者さんによると、足の小指の骨折は意外と多いらしいです。

■ 指で押すと、激痛がある。

■ 翌日になると痛みが増している。

■ 湿布をしても、腫れがひかない。

■ 普通とは違う曲がり方をしている。

■ 熱をもっている。

■ 皮膚が変色(内出血)している。

こんな症状の時は骨折の疑いがありますので、お医者さんで見てもらってください。

 

まとめ

 

まあ、とにかく痛いですからね。

お風呂の中でしっかり「固有感覚」を鍛えて、予防しましょうね!