いくつになっても Good Job!

何歳になっても、好奇心旺盛、ポジティブ指向でGood Jobを目指していきたい!

Google Chrome の拡張機能で簡単にブログの文字数をカウントしよう!

 

f:id:ogihara0308:20170912021123p:plain

 

はじめに

 

ブログの分析をする時に、テーマごとのページの文字数というのは大事ですね。

 

文字数が少ないと直帰率が高いとか、文字数が1000文字を超えると滞在時間が長くなるとか、傾向がわかれば適切な対応が可能になります。

 

ただ、記事を書いている時は、エディタに文字数が表示されるのでわかりますが、一度公開してしまった記事の文字数をカウントするのは、結構手間がかかりますよね。

記事をコピペしてテキストファイルに貼り付けて・・・なんていうのは非常に面倒です。

 

そんな時に、Google Chromeの拡張機能を使うと、公開している記事の文字数が簡単にカウントすることができます。

 

 

拡張機能の設定

 

 

【1】Google Chromeを起動し、Chromeウェブストアを検索して表示させます。

 

f:id:ogihara0308:20170912015123p:plain

 

 

【2】「character count」と入力し、画面右に表示された「CC(Character Count)」の「Chromeに追加」をクリックします。

 

f:id:ogihara0308:20170912015243p:plain

 

 

【3】下の画面で、「拡張機能を追加」をクリックします。

 

f:id:ogihara0308:20170912015458p:plain

 

 

【4】下の画面が表示されれば、設定完了です。

 

f:id:ogihara0308:20170912015542p:plain

 

 

Character Countの使い方

 

【1】文字数をカウントしたいサイトを表示します。

 

f:id:ogihara0308:20170912015712p:plain

 

 

【2】文字数をカウントしたい範囲をドラッグして、画面右上の「CC」を(文字がグレーであれば)クリックします。

「CC」の文字がブラックであれば、ドラッグした時点で文字数がカウントされて表示されます。

ショートカットキーの全選択(CTRL+A)を使うと、すべてのフレームの文字が選択されてしまいますので、注意してください。

 

f:id:ogihara0308:20170912015849p:plain

 

 

【3】画面右上に選択した範囲の文字数が表示されます。

 

f:id:ogihara0308:20170912015941p:plain

 

 

まとめ

 

一度「CC」をクリックして文字数をカウントすると、その後はChromeを閉じるまで有効になりますので、ドラッグするだけで文字数が表示されます。

これで100記事、200記事投稿後の分析も少しは楽になるのではないでしょうか。

ぜひ、お試しください!