いくつになっても Good Job!

何歳になっても、好奇心旺盛、ポジティブ指向でGood Jobを目指していきたい!



女性必見!秋鮭の美肌効果を見逃してはいけない!

 

f:id:ogihara0308:20171001013638p:plain

 

 

はじめに

 

秋鮭がおいしい季節がやってきました。

鮭と言えば、日本の食卓には非常に馴染みの深い食材で、焼き魚などは定番中の定番といえますね。

この鮭という魚ですが、一部ではスーパーフードとも言われるくらに、栄養素がたっぷり含まれています

特に美肌効果のある栄養素がてんこ盛りなので、女性の方は食べなきゃソン!

今日はその辺の情報をまとめてみました。

 

 

鮭に含まれる栄養素 

 

鮭にはいろいろな栄養素が豊富に含まれていますが、特に美肌効果のあるものが、以下の栄養素です。 

 

アスタキサンチン

 

アスタキサンチンは自然界に広く分布する色素物質の一つであり、βーカロチンと同じカロテノイドの仲間ですが、特に鮭の赤身の部分に多く含まれています。

この天然色素は、活性酸素によりサビついた血管や細胞を若々しく蘇らせてくれる効果があることが解明されており、美肌効果をサポートしてくれるスーパー抗酸化成分として近年注目を浴びています。

その抗酸化力はビタミンEの1000倍と言われており、摂取すると血液の流れに乗って全身に行きわたり、あらゆる細胞に働きかけ、シミやシワの生成を防ぎ、真皮の内側に網目状に立体交差するコラーゲンと、その接続部をしっかり補強するエラスチンの生成を助け、たるみのないしっとり弾力のある肌にキメとハリを整えてくれます

最近では、化粧品の原料としてアスタキサンチンを使用したものも多く出回るようになりました。

 

EPA(エイコサペンタエン酸)

 

秋鮭の脂には、EPA(エイコサペンタエン酸)が豊富に含まれています。

このEPAには、血管の健康を維持し血栓を予防する働きがあるので、高脂血症、動脈硬化、心筋梗塞などの生活習慣病の予防に良いとされています。

また、EPAには「肌の健康の維持」という効果もあります。

肌荒れの原因は、肌のターンオーバーの異常からくることも多いので、それを改善してくれる効果があります。

EPAの働きで血液の巡りが良くなると、

■ 血行促進

■ 肌のターンオーバーの活性化

などの効果が期待できます。

また、ニキビが炎症を起こしているような状態でも、その炎症を抑える働きがあるので、ニキビ肌で悩む思春期や、ニキビ肌の方にも効果のある食材と言えるでしょう。

 

 

マリンコラーゲン

 

コラーゲンは大きく分けると

■ 動物性コラーゲン

■ 海洋性コラーゲン

となり、このうち、海洋性コラーゲンの中でも、魚の皮などから抽出された成分をマリンコラーゲンと呼んでいます。

マリンコラーゲンは、動物性コラーゲンに比べて吸収されやすい、体内に入った場合でも速やかに消化・吸収ができる、という特徴があります。

マリンコラーゲンには、乾燥肌改善効果があることが研究の結果で明らかになっています。

「カサカサ」「かゆみ」などの乾燥肌の症状で困っている方は、正しいスキンケアでお肌の外側から対処するとともに、鮭などのマリンコラーゲンを豊富に含んだ食材を摂取することで、お肌の内側からも対処するようにすれば、効果も倍増するのではないでしょうか。

 

 

その他の美肌効果のある栄養素

 

直接食材として体内に摂取する機会は少ないと思いますが、この他にも秋鮭には美肌効果のある栄養素が含まれていることが明らかになっています。

 

プロテオグリカン

 

ヒアルロン酸よりも潤うとして最近注目の美容成分で、化粧品のほか、サプリメントなどの健康食品にも使用され始めています。

鮭の頭部から抽出される成分です。

 

マリンプラセンタ

 

通常プラセンタと言えば「胎盤」のことですが、動物性のものよりも安心で安全という点で注目されているのが海洋性プラセンタ(マリンプラセンタ)です。

正確に言うと「胎盤」ではないのでプラセンタと呼ぶのは間違いなのですが、構成する成分として非常に類似性があるため、便宜的にプラセンタと呼ばれています。

マリンプラセンタは魚の「卵巣膜」に非常に豊富に含まれているのですが、現時点で実用化されているのは、鮭の卵巣膜だけです。

わかりやすく言えば、「すじこ」の表面の膜の部分ですね。これには、9種の必須アミノ酸、グリシンなどの美肌効果を高めるためには欠かせない成分が豊富に含まれています。

 

摂取する時の注意点

 

アスタキサンチンは加熱し過ぎると損失していまうという特徴がありますので、焼き過ぎはNGです。ビタミンCと一緒に摂取すると、アスタキサンチンの効果が倍増することがわかっています。

EPAは脂に多く含まれますので、煮魚、焼き魚にすると脂分が流れ出してしまいます。EPAを摂取するのであれば、お刺身がベストです。

マリンコラーゲンは皮の部分に含まれていますので、摂取する時には、皮ごとバリバリっと行ってください。さすがに生では難しいので、焼き魚ということになりますが、これも焼き過ぎはNGですね。

 

まとめ

 

このように、秋鮭には非常に多くの美肌効果のある栄養素が含まれています。

正しいスキンケアでお肌の外側からのお手入れも大事ですが、食材なども意識してお肌の内側からのお手入れにも気を付ければ、効果倍増ですので、気になる方は、ぜひ意識してみてはいかがでしょうか。