いくつになっても Good Job!

何歳になっても、好奇心旺盛、ポジティブ指向でGood Jobを目指していきたい!



結婚記念日にサプライズ・プレゼントで家内を驚かせよう!としましたが・・・。

 

f:id:ogihara0308:20171218181938p:plain

 

はじめに

 

12月13日は、私達夫婦の結婚記念日でした。

しかも、今年は25周年、「銀婚式」だったのです。

子供の世話やクリスマス・シーズンでなんだか身の回りがバタバタしている時期ということもあり、普段は結婚記念日なんて何もしないのですが、まあ、25年目だし、何かしようかな、と思いたってあれこれと考えたのですが。

銀婚式ということで、シルバーのアクセサリーとかグッズとかも見てみましたが、このあたりは個人の好き嫌いもありますからねー。

ということで、無難な線ではありますが、家内に二つのサプライズ・プレゼントを用意しました。

 

一つ目のプレゼント: プリザーブド・フラワー

 

一つ目のプレゼントは、プリザーブド・フラワーをネットで注文して、12月13日に配送してもらうように手配しました。

 

プリザーブド・フラワーって、皆さんご存知ですか?

プリザーブは「preserve」で「保存する」という意味です。

生花に保存料と色素が配合されたプリザーブ液に浸して、乾燥させたものです。ドライフラワーと違って、鮮やかな色や柔らかでしなやかな雰囲気を長期間保存することができるので、お祝いやお見舞いのプレゼントには最適ですね。

また、このプリザーブド・フラワーを用いたハーバリウムがここ数年とても流行しているようです。

ハーバリウム(Herbarium)とは直訳すると「植物標本」という意味で、ドライ・フラワーやプリザーブド・フラワーをガラスのボトルに入れて専用のハーバリウム液(シリコンオイル)に浸したものです。

裸のままのプリザーブド・フラワーですと、大気に触れた状態ですのでどうしても時間が経つと劣化してしまうのですが、こちらはオイルに浸されていることで、さらに長期間その良好な状態を保つことができます。

 

20周年の結婚記念日には通常のプリザーブド・フラワーを贈ったので、今回はボトルに入ったハーバリウムを選んでみました。

 

f:id:ogihara0308:20171217235028j:image

 

こちらは、台座の部分に数色のLEDライトが組み込まれており、時間とともにカラフルな色合いに変化する様子が楽しめます。

 

 

f:id:ogihara0308:20171217235101j:image

 

f:id:ogihara0308:20171217235201j:image

 

f:id:ogihara0308:20171217235237j:image

 

f:id:ogihara0308:20171217235418j:image

 

 

これを結婚記念日当日にサプライズで配送してもらう予定だったのですが、実際に配送されたのは、私も会社から帰宅してすべて種明かしが終わった夜の10時

間際になってオーダーしたのが良くなかったのか・・・。

サプライズは失敗!でした・・・。

残念!

 


 

  

二つ目のプレゼント: スイーツ

 

もう一つのプレゼントですが、家内はスイーツに目がないので、ちょっと美味しそうな焼き菓子を会社の帰りに横浜で探して、こちらにしました。

 

 

f:id:ogihara0308:20171217235538j:image

 

「治一郎」と書いて、「じいちろう」と読みます。

「治一郎」の季節限定「shiroバウム」!

 

f:id:ogihara0308:20171217235621j:image 

 

f:id:ogihara0308:20171217235718j:image

 

「治一郎」のバウムクーヘンは、持ってみると、ずっしりと重量感を感じます。

それは、中身がスカスカではなく、きめ細かな生地がギュッと詰まっているからなんです

だけども、食べてみると、とっても柔らかくて、超しっとり

甘さもどちらかというと控えめでしょうか。

それを、外側をコーティングしているホワイト・チョコレートが補ってくれていて、口に入れた時にチョコレートとバウムクーヘンの生地が混ざり合って、高級感のある上品な甘さが口の中いっぱいに広がって、なんという幸せ!

 

表面に振り掛けられたクランチがちょうどいいアクセントになって、口の中でのサクサク感がまた楽しいです。

 

こちらは、家内にも子供にも大好評!でしたね。

 

「治一郎」のサイトはこちら。

www.jiichiro.com

 

最後に

 

このようなサプライズ・プレゼントを用意していたわけですが、ちょっと思い通りにいかない部分はありましたが、幸いにもとても喜んでもらえたので、まあ良しとしましょう!

ちなみに家内は仕事で子供英会話教室の先生をやっており、この時期がクリスマス・イベントを企画したり準備したりで、一年のうちで最も忙しい時期のようです。そんなこともあり、結婚記念日のことなどすっかり忘れていて、「え?今日って何だっけ?なんかあったっけ?」という感じでした。

まあ、お互いにそれほどアニバーサリーを重要視するタイプでもないし、それくらいのほうがサプライズの効果もあるということですね。

 

うちは子供ができるのが遅かったので、25周年と言っても、子供はまだ中学生、高校生なので、何かと気苦労も尽きない時期ではあります。

のんびり結婚生活を振り返ることができるのは、まだまだ先の話になりそうですね。

「珊瑚婚式(35年)」「ルビー婚式(40年)」あたりの楽しみにとっておくことにします。