いくつになっても Good Job!

何歳になっても、好奇心旺盛、ポジティブ指向でGood Jobを目指していきたい!



「スターウォーズ/最後のジェダイ」を観てきたのでレビューを書きます! 【ネタバレあり】

f:id:ogihara0308:20180115175925p:plain

 

はじめに

 

お正月休みに「スターウォーズ/最後のジェダイ」を劇場で観てきました。

 

私は「スターウォーズ/エピソード4」公開当時からの生粋のスターウォーズ・フリークなのですが、視聴後の感想としては、「スターウォーズの公開された八つのエピソードの中でも最高傑作である!」ということです。

 

ネットではいろいろと叩かれたりもしていますが、どんなところが面白かったのか、書いていきたいと思います。

 

確かに、突っ込みどころは多い

 

科学的なリアリティを重んじる方々を始めとして、スターウォーズの世界観に造詣の深い方々から見ると、確かに突っ込みどころは多いと思います。

 

■ 無重力の宇宙空間では物が上から下に落ちる訳ではないので、冒頭の空中戦でレジスタンス爆撃機が「レジスタンス・ボマー」をファースト・オーダーの軍艦へ「投下する」というのはおかしい。

■ ファースト・オーダーの攻撃により宇宙空間に放り出された生身の人間(レイア)が、無傷のままで生還できるというのは(いくらフォースの力を使ったとしても)ありえないのではないか。

■ レジスタンスの艦隊を追いかけるファースト・オーダーのハックス将軍だが、レジスタンスの艦隊の燃料切れを待ってちんたら追いかけているだけというのは、あまりにも策が無さすぎる。

■ ファースト・オーダーの最高指導者スノークが弱すぎ。

などなど。

 

このあたりが気になってしまうと、映画を楽しむというのはなかなか難しくなってしまいますね。

私は、多少引っ掛かりはしましたが、「まあ、いいか。」でドップリと入り込んでしまったので、特に問題なく楽しんでしまいました!

 

突っ込みはこれくらいにして、この映画の面白かったポイントをいくつか挙げていきます。

 

旧世界観と新しい世界観との見事な融合

 

私は、「ダース・ベイダーがいてこその、スターウォーズ」だと常々思っておりました。

私と同じように「エピソード6」以前からのスターウォーズ・ファンにとっては、「エピソード6」以前の「ダース・ベイダーを中心とするスターウォーズの世界観」と、「エピソード7」以降の「ダース・ベイダーのいないスターウォーズの世界観」がいかに違和感なく結びつくかが重要なポイントになります。

 

前作「エピソード7」では、そのあたりが私にとっては消化不良でした。ダース・ベイダーのいない世界にポンと新しくレイ、フィン、カイロ・レンらの登場人物が出現して、(レイアやハン・ソロもいましたが、)どうしてもそれまでのスターウォーズとは別の新しい物語という感覚が消えませんでした。

 

ところが、今思えば「エピソード7」が上手く繋ぎの役目をしてくれたからだとは思いますが、今作「エピソード8」では、レイアやルークがスクリーンの中で重要な役割を務めて旧世界観のベースをしっかりと作った上で、レイやフィン、カイロ・レンが活き活きと躍動して新しい世界観を構築しています

 

これぞ、旧作からのファンが待ち望んでいた「新しいスターウォーズのストーリー」と言えるでしょう。

 

f:id:ogihara0308:20180114223504p:plain

 

 

チャンバラに「悲劇」というスパイスを盛り込んできた

 

「エピソード7」までのストーリーは、私はいい意味で「チャンバラ」「活劇」だと思っています。

帝国軍とジェダイがライト・セイバーで「えい」「やー」と斬り合うのがスターウォーズの面白さであり、醍醐味でした。そこに悲劇的な要素は一切なかったと言っていいでしょう。

強いて言うならば、「エピソード6」でルークがダース・ベイダーを倒したあたり、あるいは「エピソード7」でカイロ・レンがハン・ソロを刺してしまったあたりが当て嵌まるかも知れませんが、それでも敢えて悲しみを強調するような演出はされていませんでした。

 

ところが、今作「エピソード8」では、

□ レジスタンスの艦隊にファースト・オーダーの大艦隊が襲い掛かるシーンで、「レジスタンス・ボマー」の砲手ペイジ・ティコがファースト・オーダー戦艦の爆発に巻き込まれて命を落とすシーン。

□ 昏睡中のレイアに代わってレジスタンスの指揮を執るホルド提督が、他の乗組員たちを逃がした後で、一人ファースト・オーダーの軍艦めがけてハイパー・ドライブを発動するシーン。

など、今までのエピソードでは書かれなかったような悲劇的なシーンが登場します。

 

これは、戦況としてレジスタンスの旗色が極めて悪かったことも関係しているとは思いますが、それにしても、今まででは描かれてこなかった悲劇の部分なので、ちょっと意外でした。

ただ、この演出により、レジスタンスの危機感、悲壮感を際立たせて、ルークやレイといったジェダイの活躍の導きとなる効果は十分にあったと言えるでしょう。

 

思えば、この悲劇的要素をスターウォーズに持ち込んだのは、「ローグワン」の監督を務めたギャレス・エドワーズと言えるかも知れません。「ローグワン」は、それまでのエピソードにはない、めちゃめちゃ悲劇でしたからね・・・。

 

f:id:ogihara0308:20180115180144p:plain

 

レイアとルークの存在がカッコよすぎる

 

今作におけるレイアとルークの存在の重さというのは、旧作からのファンにとっては非常に嬉しいものだったでしょう。

 

まずレイアですが、レジスタンスの総督としての存在感はとても素晴らしかったと思います。演技力がどうのこうのではないんです。そこに存在してくれているだけで嬉しいというファン心理。

 

そして、ルークです。今作の主人公はルークだ、と言っても過言ではないでしょう。若き日の過ちから隠遁生活を送ることになってしまいましたが、それでもレイを育てて、最期はカイロ・レンとの対峙、文字通り死闘の末に散っていく命・・・。

新時代のジェダイにすべてを託して、旧時代のジェダイは自分の命を持って終焉を迎える、という、今作のタイトル「最後のジェダイ」の意味するところが見事に描かれています。

 

ルークの最期、カッコよすぎです!

 

f:id:ogihara0308:20180115180345p:plain

 

タイトル「最後のジェダイ」の意味するところ

 

上の章でも少し書きましたが、「最後のジェダイって、誰のこと?」という疑問は当然沸いてきますよね。

ルークのことなのか?

レイのことなのか?

 

これはやはり、ルークことだと考えるのが妥当でしょう。

 「いやいや、レイだってフォースを使えるんだから、ルークが最後じゃないだろう。」という意見もあるとは思いますが、ライアン・ジョンソン監督がインタビューでも語っているように、ルークが最後のジェダイなのだと思います。

 

もう少し詳しく言えば、「旧時代のジェダイ(厳しい戒律の中に身を置き、己の内にあるフォースを最大限まで高めることができるように厳しい修行や鍛練を積むことによって到達できるもの)はルークが最後である」ということではないでしょうか。

そしてこれからは、「新しいジェダイ(規律に縛られることのない、もっと自由な精神で、万物に宿るフォースの力を自らに取り込んでコントロールしていくことができる、ニュータイプのジェダイ)の時代が来る」ということを言いたかったのではないでしょうか。

 

まさしくレイはニュータイプのジェダイであるし、劇中のカジノの街でフィンとローズの逃走を助けた少年が、ラスト・シーンでフォースの力を使うような描写も見られます。

 

今後は、レイやこの少年のような新しいタイプのジェダイがストーリーの中心になっていくことを「最後のジェダイ」というタイトルが表しているのではないかと思います。

 

f:id:ogihara0308:20180115180511p:plain

 

レイの生い立ち

 

「エピソード7」では、レイの生い立ちは語られることが無かったのですが、レイのフォースの強さから考えて、私はルークまたはレイアの血を引き継ぐ者ではないかと考えていました。

 

しかし、「エピソード8」での「お前の両親はなんでもない。お前は捨てられた孤児なんだ。」とカイロ・レンは言っています。この言葉が真実であるとするならば、レイのその強いフォースの力は、血統に頼ることなくレイ自身に備わっていた力だということになります。

これは、前章で述べた「新しいジェダイ」の解釈につながりますね。

 

レイがルークやレイアの血縁者であってほしいという願望はありますが、普通の少年・少女の中からフォースの使い手が育ち、新しい宇宙の平和を担っていくことになる、というストーリー展開になっていくのかも知れません。

 

愛すべきニュー・キャラ

 

なんと言っても、「ポーグ」が可愛かったですね。

ポーグは、ルークが隠遁生活をおくっていた惑星オク=トーに住み着いているクリーチャーなのですが、その容姿が超キュートです!

ミレニアム・ファルコンの中でチューイと絡むシーンなど、緊迫感満載のストーリーの中でのちょっとした箸休めになっていて、効果抜群でした。

マスコットやフィギュアが流行ること間違いなし!?

 

f:id:ogihara0308:20180115162022p:plain

 

ビジュアル的にもいろいろ見どころあり

 

「エピソード8」では、ビジュアル的にもいろいろと凝った演出に唸らされます。

宇宙空間での戦闘シーンは、スターウォーズとしては鉄板ですが、何かしら新しい(今までになかった)演出を見ることができます。

そんな中でも、特に衝撃的だったのが、「赤い土煙」

物語終盤で、ファースト・オーダーが惑星クレイトにあるレジスタンスの基地を急襲するシーンがあります。この惑星クレイト、鉱物資源が豊かで、土が赤い色をしています。地表は塩で覆われているために、一見、真っ白な大地なのですが。

 

この惑星クレイトでのバトル・シーンが、ビジュアル的には超必見ポイントです。

白銀の大地に飛び交う小型機、白い地表が削られて真っ赤な土煙が巻き起こるシーンは、宇宙空間でのバトルに見慣れた眼には、とても斬新で迫力満点に映ります。

 

f:id:ogihara0308:20180115175635p:plain

 

ここでの必見ポイントがもう一つ。

艦船から降りてきたカイロ・レンとルークが対峙し、ライトセイバーを振りかざしてのバトルがスタートするのですが、カイロ・レンの足跡やライトセイバーの軌道が地表に赤くクッキリと残るのに対し、ルークは足跡を一切残していません

これは、ルークの姿が、惑星オク=トーからルーク自身のフォースによって描き出されたホログラムだったからなんですね。

 

ビジュアル面での緻密な演出に超感動です!

 

最後に(「エピソード9」への展望)

 

「エピソード8」が素晴らしかっただけに、「エピソード9」への期待感も高まりますね。

ストーリー的には、ルークが衝撃的な最期を遂げたことにより、「古いジェダイ」の時代は幕を閉じ、「新しいジェダイ」の世代へと突入していきます。レイを始めとする若くしてフォースのコントロール技術に長けた少年・少女が宇宙の各地から集結し、レジスタンスの力となって悪を淘汰し、再び平和な世界が訪れる・・・。

というようなハッピー・エンドが見たいなー!

 

読者の皆さんも、ぜひ劇場に足を運んで、スターウォーズの世界観にドップリはまり込んでいただきたいです!

 

May The Force Be With You!