いくつになっても Good Job!

何歳になっても、好奇心旺盛、ポジティブ指向でGood Jobを目指していきたい!

十二支のお話。【十二支の動物達はどうやって決まったの?】

 

f:id:ogihara0308:20181113212510p:plain

 

はじめに

 

早いもので、今年も残り1ヶ月と少しになりました。

年末が近づいて、来年の年賀状はどんなデザインにしようかな、などと考える時に、「今年は戌年だったけど、来年は何年かなー」などと十二支の事を考えるのは、日本人の習慣として、まだ根強く残っている部分はありますね。

今回は、その十二支について、ちょと書いてみたいと思います。

 

十二支とは


日本では、「私の干支(えと)は丑年です。」などとよく使われますが、正確には、
干支(えと)と十二支は別物です。

 

古来中国では、十二年で天を一周する木星の軌道上の位置(天の位置)を示すための
任意の数詞として、「十二支」が使われていました。

このように、もともと十二支は「年」を数える数詞だったのですが。やがて「月」や「時」、「方位」を示す数詞としても用いられるようになりました。

 

十二支は、以下の12種類からなっています。

 十二支   読み   音読み 
 子   ね   シ 
 丑   うし   チュウ 
 寅   とら   イン 
 卯   う   ボウ 
 辰   たつ   シ 
 巳   み   シン 
 午   うま   ゴ 
 未   ひつじ   ビ 
 申   さる   シン 
 酉   とり   ユウ 
 戌   いぬ   ジュツ 
 亥   い   ガイ 

 

もともとは動物とは何の関係もない言葉でしたが、後になって十二の動物が割り当てられるようになりました。

なぜ動物と組み合わされたかは、人々が暦を覚えやすくするために、身近な動物を割り当てたという説や、バビロニア天文学の十二宮(十二の星座)が後から伝播してきて十二支と結びついたという説など諸説あり、正確には解明されておりません。

 

これとは別に、古来中国では、「日(太陽の巡り)」を数えるための数詞として、十干(じっかん)が使われていました。1ヶ月を上旬、中旬、下旬と十日ずつに分けた、その十日間を単位にしたものが十干です。

 

十干は、以下の10種類です。

 十干   音読み   訓読み 
 甲   こう   きのえ 
 乙   おつ   きのと 
 丙   へい   ひのえ 
 丁   てい   ひのと 
 戊   ぼ   つちのえ 
 己   き   つちのと 
 庚   こう   かのえ 
 辛   しん   かのと 
 壬   じん   みずのえ 
 癸   き   みずのと 


この十干と十二支を組み合わせた「十干十二支」を、本来は干支(えと)と呼びます。

しかし、今日の日本では、「干支」(えと)と言えば十二支のことを指すことが多いですね。

 

これは、「十干十二支」の中でも、動物イメージを付与されることによって具体的で身近なイメージを獲得した十二支のみが、現代の文化の中にかろうじて生き残っていることによると考えられています。

 

 十二支と動物の結びつき

 

 

十二支がなぜ動物と結びついたかは、先にも書いたように諸説あり、どれが本当なのかはわかっていません。

しかし、地方の言い伝えなどには、非常に面白いものがあります。いろいろと調べてみると、細かい部分で異なりはしますが、概ね以下のようなストーリーになっているようです。

 

- - - - - - - - - - 

昔々の大昔のある年の暮れのこと、神様が動物たちにお触れを出した。
「元日の朝、新年の挨拶に出かけて来い。一番早く来た者から十二番目の者までは、
順にそれぞれ一年の間、動物の大将にしてやろう」
動物たちは、自分が一番になろうとして、それぞれが気張って元日が来るのを待っていた。ところが猫は神様のところにいつ行くのか忘れてしまったので、ねずみに訊くと、ねずみはわざと一日遅れの日を教えた。猫はねずみが言うのを間に受けて、喜んで帰っていった。
さて元日になると、牛は「自分は歩くのが遅いから、一足早く出かけよう」と夜のうちから支度をして出発した。牛小屋の天井でこれを見ていたねずみは、ぽんと牛の背中に飛び乗った。そんなこととは知らず、牛が神様の御殿に近付いてみると、まだ誰も来ていない。我こそ一番と喜んで待つうちに門が開いた。とたんに牛の背中からねずみが飛び降り、ちょろちょろっと走って一番になってしまった。
それで牛は二番、それから虎、兎、龍、蛇、馬、羊、猿、鶏、犬、猪の順で着いた。
猫は一日遅れで行ったものだから番外で仲間に入れなかった。
それでねずみを恨んで、今でもねずみを追い回すのだという。
神様の宣言に半信半疑だったものの、恥をかかないようにと頑張ったトラが3番目に、
他の動物が休憩中も休まなかったウサギが4番目になった。
龍と蛇は同時に到着したが、龍が空を飛べることに敬意を示した蛇が龍に5番目を譲った。
昔から犬猿の仲だった犬と猿は道中に喧嘩になり、鶏が仲裁したため、猿、鶏、犬の順番になった。

実は一番最初に到着をしていたのは猪だったが、真っ直ぐにしか走れなかったため、神様の前を通り過ぎ一番最後になってしまった。

- - - - - - - - - - 

 

短いお話ですが、鼠、牛、虎などの動物達の特徴(性格)をよく掴んでおり、大変面白いですね。 


また、微妙に違いますが、こんな言い伝えもあります。

 

- - - - -

国の始まりの時、神様が「動物の年号(十二支)の一番最初は何から始めたらよいか決めるので、動物みんなに集まるように」というお触れを出した。

その連絡係を、「あなたは勢力も強いから、みんなに伝えるように」と寅にお願いすると、寅は「いいですよ」と快く引き受けた。

神様と寅のやりとりを側で聞いていた鼠は、話が終わるやいなや寅のところへ行き、
番付の相談をすると、寅は「牛は大きいので、なんとか一番にしてあげたい」というので、鼠は今度は急いで牛のところへ行って、「あなたはまだわからないかもしれないが、明日動物の番付があり、神様の前に最初に行くものが一番になるので、急いで行こう」と言うと、牛は「ああそうか、それならば・・・」といって鼠と一緒に出発した。

鼠は小さいので牛と一緒に歩くことができないので、牛の角につかまって行った。

牛は先頭で神様の前に最初に着いたので自分が一番だと思っていたら、鼠が牛の角から
前に飛び下りたので神様が、「誰が一番にきたか」と聞くと、鼠が「私が一番先で、
牛は二番です」と答えたそうだ。牛はやむをえないから二番になり、寅はゆっくり来たので三番目になった。

最後の猪は、「自分は駆けるのも早いのでゆっくり行っても一番になれるだろう」と思って、一眠りしたため、寝過ごしてしまい最後になったという。

猫は、「鼠のやつ、いつも同じ家に住んでいるのに、私には知らせないで牛と一緒に行ったな。貴様のようなやつは食い殺してやる」と、その時から猫は鼠に恨みをもち、追い回すようになったということだ。 

- - - - -

 

また、十二支の動物の並び方は、毎日動物が動き回る時間に基づいて決めたという言い伝えもあります。

(古来中国では十二支によって一日の12の「時辰」を表わしていた。一つの「時辰」は今の2時間に相当する。)

 

□ 夜の11時から朝の1時までは「子時」で、この時間にはネズミが一番動き回る。
□ 1時から3時までは「丑時」で、ウシはこの時間にエサを反芻する。
□ 3時から5時までは「寅時」で、トラはあちこち歩き回り、最も獰猛になる時である。
□ 5時から7時までは「卯時」で、日がまだ昇っておらず、月がまだ空にかかっており、月の世界の玉兎(ウサギ)が臼で薬草を加工している。
□ 7時から9時までは「辰時」で、神と見なされる竜が雨を降らせる最適の時刻である。
□ 9時から11時までは「已時」で、ヘビが動き始める。
□ 11時から13時までは陽の気が最も盛んで、「午時」と称され、天馬が空を行く時である。
□ 13時から15時までは「未時」で、言い伝えによると、この時刻にヒツジに食べられたことのある草がさらに盛んに生長するという。
□ 15時から17時までは「申時」で、この時間にサルが動き出す。
□ 17時から19時までは「酉時」で、夜のとばりがかかり、ニワトリが小屋に戻り始める。
□ 19時から21時までは「戌時」で、イヌは夜の番をし始める。
□ 21時から23時までは「亥時」で、しんと静まり返っており、イノシシがぐっすり眠る時である。

 

 

十二支に猫が入っていない理由

 

 

愛猫家の皆さんにとっては、十二支の中に猫がはいっていないというのはちょっと面白くないのではないでしょうか。

これについてもいろいろと言い伝えがあり、先ほどの「元日に神様に挨拶に行く」という言い伝えでは、猫は鼠から一日送れの日を知らされたために、神様への挨拶に間に合わなかった、ということでした。

そのために、猫は鼠をうらんで追い回すようになったんですね。

また、別の言い伝えでは、きのこ料理を食べて食中毒になってしまったお釈迦様に頼まれて薬を取りに行った鼠を、猫が食べてしまった。この薬が届かなかったため、お釈迦様は命を落としてしまった。

だから、猫は十二支に入れてもらえなかった、なんて話もあります。


猫が干支の仲間入りを果たすことが出来なかったのは、中国には昔、猫がいなかったからという説もあります。
猫はもともとエジプトの動物で、古代エジプトではスフィンクス(神様)として崇められるほど、エジプトの人達にとって馴染み深い動物でした。


古代エジプトはとても栄え、強大な帝国でもありました。そのため、古代エジプトの象徴でもある猫は、他国から嫌われる対象になってしまったのです。他国から嫌われていた猫は、紀元前30年頃まで、他国で飼育されることがありませんでした。
猫が飼育されるようになったのは、エジプトがローマ帝国に滅ぼされてしまってからだと言われています。
そのため、干支が作られた頃の中国では、猫はまだまだ庶民にとっては馴染みが浅い動物だったのかもしれません。


日本にも猫は古くからいましたが、鼠の駆除用として一般に広まったのが奈良、平安の時代といわれているので、それ以前に十二支が定着してしまったのかも知れないですね。

 

 

世界の十二支

 

f:id:ogihara0308:20181113211526p:plain


私達日本人の生活に馴染み深い十二支ですが、日本や中国だけでなく、他の様々な国でも活用されています。


アジアの国々を始めとして、ヨーロッパ、ロシアの国々にも十二支があるというのは、少し意外な感じがしますが、これは、シルクロードを通じて中国の十二支が伝わっていったからだと言われていますね。


十二支に登場する動物達も、国によって微妙に違っています。
 

 日 本
 中国 
 韓国 
 台湾 
 ロシア 
 鼠、牛、虎、兎、龍、蛇、馬、羊、猿、鶏、犬、猪 
 チベット 
 タイ 
 ベラルーシ 
 鼠、牛、虎、、龍、蛇、馬、羊、猿、鶏、犬、 
 ベトナム   鼠、水牛、虎、、龍、蛇、馬、山羊、猿、鶏、犬、 
 モンゴル   鼠、牛、、兎、龍、蛇、馬、羊、猿、鶏、犬、猪 
 ブルガリア   鼠、牛、、兎、龍、蛇、馬、羊、猿、鶏、犬、猪 
 インド   鼠、牛、虎、兎、龍、蛇、馬、羊、猿、ガルーダ、犬、猪 
 トルコ   鼠、牛、、兎、龍(魚)、蛇、馬、羊、猿、鶏、犬、 

 

日本や中国のパターンの国が一番多いようですね。

ただし、中国や韓国では「猪」というと豚を指すそうなので、厳密に言うと少し違うことになります。

チベット、タイ、ベラルーシでは「猫」「豚」が加わっています。

ベトナムでは「水牛」「猫」「山羊」「豚」、モンゴルでは「豹」が加わるなど、お国柄が垣間見えるようで楽しいですね。

ちなみに、インドの「ガルーダ」は、インド神話に登場する神鳥のことです。

また、トルコでは「龍」が「魚」になるバージョンも存在しているようです。  

 

最後に

 

f:id:ogihara0308:20181113212309p:plain

 

いかがでしたでしょうか。

十二支に登場する動物達とその順番については、いろいろな言い伝えがありますので、もっと掘り下げてみると面白いと思います。

また、世界の十二支も各国のお国柄が現れていて、なかなか興味深いものです。


年賀状をやり取りするという文化もメールなどに取って代わられ、十二支に触れる機会もだんだんと少なくなっていくのかも知れませんが、たまにはこのような言い伝えに接してみて、ほのぼのとした気分になるのもよいではないでしょうか。 

 

【関連書籍】